小林オニキスBLOG

音楽とか映像とかデザインとか色々作る人のブログ

BLOGWORKSMAIL
はなとオニキス「atelier(アトリエ)」


<< ロールシャッハテスト風PV 「ORCA(オルカ)」 | main | タイトルを変える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |
【初音ミク】ORCA(オルカ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
■というわけでボーカロイド作品シリーズ4曲目です。3曲目じゃなくて4曲目です。

■3曲目は「さよならアストロノーツ」という楽曲なんですが、これは8月24日に開催される「仙台初音ミク音楽祭(通称せんみく)」で公開する予定になってます。


■この曲はですね、作ってる最中の仮タイトルが「ORCA」だったんですよね。んで、あまりにも仮タイトルがしっくり来たのでそのまま正式採用して、タイトルから内容を連想して歌詞を書きました。

■でその結果、「思春期の夏」がテーマの楽曲に。

■思春期の頃って成長の速さに個人差や男女差があったりして、同い年のヤツが知らん間に自分より大人っぽくなっててそれがなぜか寂しく感じたりとかするよねーって、そういう曲です。

====================================
「 ORCA (オルカ) 」
作詞・作曲・編曲 小林オニキス
====================================

水面にゆれる君を 横目で眺めていた
とまどい隠すように 無邪気に振舞ってた

二人が 同じ速度で 変わってゆけたら
いつまでもこんな風にね 変わらない気がして

君はオルカ 三日月のように
飛沫あげて かがやく
まぶし過ぎた モノクロの景色
君に追いつけなくなる


等圧線は東へ 何処かで花火が鳴る
夕陽が照り返して 思わず目を逸らした


長い夏が 終わりを告げる
セミの声も 消えてく
君はオルカ やがては遥か
遠い日になるんだろうね

このまま このまま はぐれて 置いてけぼり
水面にゆれる君を 見失う

これ以上 これ以上 これ以上 変わらないで
このまま このまま このまま 

ORCA



■歌詞は、あまり物語性とか明確な心理描写とかが前面に出ないように意識して書いてみたんですが、もうちょい分かりやすく具体的に書いた方がウケは良いんだろうなぁやっぱ。


■でも、夏の季語として「等圧線」という単語が出てきた時は自分で天才かと思った。


■歌謡になりすぎない程度にドメスティックなメロディラインなので、意外と和風なアレンジでも合いそうな気がしたんですが、リベンジの意味も込めて再び4つ打ちに挑戦してみました。いいカンジで返り討ちにあったと思います。ぎゃふん。


■もうちょっとマシなストリングスの音源が欲しいわ!と思ったのだけれど、貧乏なので有りもので間に合わせるしかないのです。贅沢は敵だ!
| 音楽 | 22:38 |
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
| - | 22:38 |
小林オニキス
プロフィールや連絡先、このブログについて等はこちらからどうぞ
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
twitter
モバイル
qrcode
PR